information h1

WEB予約
電話予約
WEB予約

コラム

コラムCOLUMN

【おうちで保護者の方ができること】歯医者さんが苦手な子どもの歯科治療【小児歯科】

皆さんこんにちは。
福岡県遠賀郡の歯医者【まごころ歯科クリニック】です。
 
歯医者さんが苦手なお子さまにしないためには、保護者の方の行動が鍵です。
少しの工夫で歯医者を楽しい場所、成長できる場所へと導くことができます。
お子さまに「歯医者さんが苦手」というトラウマを抱えさせてしまわないよう、一緒に取り組んでいきましょう。
 
 

歯医者のイメージをよくする!?おうちでできること

●受診前は機嫌をよくしておく
特にお子さまは、「眠い」「お腹が空いた」などの理由で機嫌が悪くなります。
お昼ご飯を済ませてから、お昼寝の後など、歯科医院を受診するタイミングも考えておきましょう。
 
●ポジティブな声掛けをする
「悪い子は歯医者さんに連れていくよ」「歯を抜くよ」など、歯科治療に怖いイメージを持たせないようにしましょう。
むし歯ができたとしても「ばい菌をやっつけてもらおうね」「歯をきれいにしてすっきりしようね」などポジティブなイメージを想像させてあげましょう。
 
●嘘をつかない
歯医者に行くのに、違うところへ行くと嘘をついて連れていくと余計に不安感を与えてしまいます。
また、治療をするのに「何もしないから大丈夫」と伝えてしまうと、歯科医師との信頼関係も失ってしまい、治療がスムーズに進みません。
 
 

お子さまをほめよう!歯医者にきてからできること

●保護者はいつも通り笑顔で
お子さまは、保護者の方の顔色や心情を読み取りながら、初めての場所や人を判断しています。
待合室からいつも通り笑顔でお子さまに接してあげることで、落ち着けるのです。
 
●痛いという言葉を使わない
「痛くないよ」という言葉や「大丈夫?痛くない?」という声掛けは、お子さまにとって「痛い」という言葉だけが残り、連想されます。
できるだけ「痛い」という言葉は使わないで接するようにしましょう。
 
●ほめる
「頑張ってるね」「お兄ちゃん・お姉ちゃんだね」「すごい」「できたね」などお子さまの成長をほめてあげましょう。
お子さまはほめられることで、次もがんばろうと思ってくれます。
 
●叱らない
たとえ治療ができなくても叱らないで、「◯◯くん・ちゃんなら次はきっとできるよ」と励ましの言葉をかけてあげるとよいです。
歯医者に行けたこと、イスに座れただけでも頑張っているので、事実をほめてあげましょう。
 
 
まごころ歯科クリニックは、歯医者嫌いにさせないために歯科医師・歯科衛生士もサポートしております。
お子さまの成長ややる気に合わせて少しずつ治療を進めていきますので、ご相談ください。