information h1

WEB予約
電話予約
WEB予約

コラム

コラムCOLUMN

【マウスピース矯正】装置をなくしたらどうする?紛失防止のためのアイデア

皆さんこんにちは。
福岡県遠賀郡の歯医者【まごころ歯科クリニック】です。
 
近年、目立ちにくく取り外し可能なマウスピース矯正が人気を集めています。
食事も歯磨きも、いつも通り矯正中でもできるので便利ですよね。
ただし、取り外し式のため自己管理が重要になり、紛失などのトラブルも。
今回は、装置を失くしてしまった場合や失くさないためのアイデアをご紹介します。
 
 

取り外し式だから紛失が多い!マウスピースを失くしやすいタイミング

マウスピース矯正装置は、取り外しのため紛失するトラブルが考えられます。
紛失が多い場所やタイミングを知っておきましょう。
 
●飲食店に置き忘れてしまう
取り外すタイミングである、食事中に置き忘れてしまうことがあります。
ナフキンやおしぼりなどに包んでしまうとそのまま見失ってしまうこともあるので注意しましょう。
専用のマウスピース装置の入れ物を持ち歩き、そこに入れる習慣をつけます。
 
●部屋の中で失くしてしまう
外したとき、いつも決まった場所に置いていれば失うこともないです。
基本的には、食事や歯磨き中以外は装着しておかなければ矯正が進みませんので、できるだけご自宅にいるときはつけるようにしておきましょう。
 
●間違えて捨てる・破損
マウスピースが人目につくのを気にして、外すときにティッシュに包んでおく方も多いです。
自分やご家族がゴミと間違えて捨ててしまうことがあるので注意しましょう。
また、犬や猫などペットにおもちゃにされてかみ砕かれることもあるので、手の届かない場所に保管しておくのがおすすめです。
 
 

マウスピース矯正装置を紛失してしまったときの対処法

(1)紛失してしまったお店など心当たりがある場所に連絡してみましょう。
 
(2)マウスピースが見つからなかった場合は、持っている(前後の)マウスピースを装着して早めに歯科医院を受診しましょう。
 
(3)装着してすぐ失った場合は、歯科医の指示を受け、前のマウスピースをつける場合がありますので捨てずにとっておきましょう。
 
(4)あと数日で次のマウスピースになる場合は、次のマウスピースを装着してもかまいませんので、そのまま何も付けないで放置しておくのはやめましょう
 
 

マウスピース矯正の「失くさないアイデア」

うっかりマウスピースを失ってしまい、装着するのを怠ってしまうと、せっかく動いた歯が元に戻ってしまうことがあります。
 
マウスピースを失わないためにも、日頃から下記のようなルーティンを作っておくとよいです。

  • ケースにしまう
  • 置いておく場所を決めておく
  • 食事や歯磨き以外は基本的には外さない


 
 
まごころ歯科クリニックは、マウスピース矯正を取り扱っており、矯正中も快適で装置が目立ちにくい生活を送っていただけます。
自己管理が必要なマウスピース矯正ですが、正しく使用して快適な矯正ライフを送ってみませんか?
 


マウスピース型矯正装置のページへ >