information h1

WEB予約
電話予約
WEB予約

コラム

コラムCOLUMN

乳歯がむし歯になりやすい理由

皆さんこんにちは。
福岡県遠賀郡の歯医者【まごころ歯科クリニック】です。
 
子どもの歯は、大人の歯と比べると、むし歯になりやすいです。
しかも、進行が早いので、気付いたら重症化していた、というケースも少なくありません。
そこで今回は、乳歯のがむし歯になりやすい理由についてわかりやすく解説します。
 
 


歯質が未成熟

乳歯の歯質は、永久歯よりも未成熟です。
わかりやすい言葉で表現すると「やわらかい」のです。
そのため、外からの刺激に弱く、酸に対しても溶けやすい性質を持っているのです。
これを専門的には「耐酸性能が低い」といいます。
予防処置としてフッ素塗布などを行えば、歯質を強化することができます
 
 


歯質が薄い

乳歯も外側にエナメル質、内側に象牙質が分布していますが、どちらも永久歯の半分の厚みしかありません。
これは「むし歯になりやすい」というよりも「むし歯になってからの進行が早い」ことの原因といえます。
それぞれ半分の厚みしかないということは、むし歯菌が歯の神経にまで到達する時間も半分になります。
子どものむし歯が歯髄炎などの症状を起こしやすいのはそのためです。
 
 


清掃性が悪い

乳歯列期や混合歯列期というのは、歯並びが安定しません。
ひとり磨きが上手にできるまでには、それなりに時間もかかりますし、十分なオーラルケアができないお子さまが少なくないのです。
これもまた子どものむし歯のリスクが高い理由のひとつといえるでしょう。
 
この点に関しては、小さい頃から当院の小児歯科に通っていただくことで、ある程度改善することができます。
お子さまへのブラッシング指導はもちろんのこと、親御さまの仕上げ磨きの方法もわかりやすくお伝えします。
 
 


まとめ

このように、子どもの歯はもともとむし歯になりやすいので、しっかりとした予防処置を受けることが大切です。
小児歯科を定期的に受診して、フッ素塗布やブラッシング指導を受けましょう。
お口の中に何か異常が生じた際も、すぐに対応いたします。